ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

ペース走は緩急がひどい俺にぴったりな長距離走用練習メニュー

長距離走はなるべく同じペースで走ることが1番スタミナを無駄にしない走り方だと考えます。


なぜなら余計なスピード変化に体力を使わないからです。


ビュンッ!⤴︎あぁぁ〜。⤵︎ビュンッ!⤴︎あぁぁ〜〜〜。⤵︎なんて繰り返してると体力がゴリゴリ削れていきます笑


まあ僕のことなんですけどねー。


走り方にかなりムラがあって気分で上がったりぃ下がったりぃするんですよ。



しかし!僕がそうだったのでわかるのですが、一定のペースで走るのって案外難しいんです。


ウォッチを腕につけてちょくちょく見ながら走っても「あれ?かなり差がでたなあ」なんてことになるんです。



というわけで僕は時間感覚を養うためにペース走というものをしていました。


一定のペースでただただ走るのですがなるべく1キロごとはもちろんなるべく細かく◯百メートルごとにも同じになるように目指したんです。



ペース走で難関があって、まずは出だしのスタート直後


やっぱり元気いっぱいで速く走りたくてウズウズしているので最初はビュン!と出てしまうんですよね。


そうすると1キロは調整できても数百メートルのタイム的には確実に速くなるんですよね。



もし飛ばしすぎということなら本当はそこまで出さなくていいスピードを出したわけで、正直無駄な体力を使ったといってもいいわけで、それならもっとゆっくり走り始めるべきだったんですよ。


というわけでとりあえずは最初のスタートしてから数百メートルまでのタイムをかなり気にしました。


これならいけるだろうというくらいのっそりした感じでスタートしてもやはり速め。


もう、すっごい遅れていってやろうってくらいの方が意外と思い通りのタイムになったりするんです。



もう1つの難関は疲れてきたときです。


やっぱりそうですよね。疲れてくると自然と息が上がり、体が動かなくなり、スピードが落ち、タイムが遅れてきます。


一瞬の気の緩みで数秒遅れたりするんですよ。かといってそれに悔しがってがむしゃらにスピードを上げると一時的に速すぎたりするんです。


またスピードを下げると下げすぎたり、そしたらまた上げないといけないから・・ぁぁあああ!!


って感じでなかなかうまくいかなくなります。笑



重要なことは一定で走ってる時のリズムと筋肉や呼吸の感じを覚えておくことだと思っていて、そうすると微妙な変化に敏感になれてなるべくスピードの上げ下げが勝手にならないようにできてきます。




こんな感じで僕はスピードが上がったりー下がったりーするのでその無駄をなくすためにペース走をしてました。


だいたいとか、1キロごとにとかだと同じタイムでなるべく走るのはまだ簡単なんですけど数百メートルに分けてもなるべく同じになるようにしたのはいい練習だったと思ってます。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

趣味探し道中、自己啓発編。理想!変化!寛容!

自己啓発に興味をもったのはいつだったかな。人は誰でもなりたい自分がいるでしょう。


僕も例外ではなくて、コンプレックスや欠点をあげればキリがありません。



そんな短所たちを長所にしようと自己啓発を今でも続けています。


だいぶマシになりましたけどね。昔はもっとひどかったです。笑



自己啓発というと心理学だとか哲学とかが関わってきそうですけど、入りやすいところからでいうと人の名言とかじゃないですかね。


僕も名言は好きです。この人だからこういうことを言うんだなみたいな一人一人ストーリーがあって面白いです。



そんな自己啓発の趣味としての特徴は



なりたい自分になれる


まあ最初はこれですよね。


僕の場合シャイを治したいとか、仲良くない人とも話せるようになりたいとかそんな感じでした。


今となっては自己啓発だけのおかげとは違うかもしれませんがなんとかかなりマシになってほとんど達成したも同然です。


なりたい自分になる、もしくは自分を人として高めていくと自信がついたり何か成功したりできるようになってきます。


まあこの内容自体もどこか自己啓発っぽいですけどね笑



変わっていくのを感じるのが楽しい


2つ目はこれですかね。


またまた自分の例をだすと僕が仲良くない人や初対面の人とも恥ずかしがらずによく話せるようになっていく瞬間は嬉しいものでした。


今でも話すときは話すこと自体の喜びと社交的な自分に酔いしれて喜んでる部分がありますね笑


変化はこわいものかもしれませんが、その分ドキドキワクワクするものでもあると思います。



寛容になれる


自己啓発をしているといろんな考え方やいろんな人がいるということを知れて他人に寛容になれる気がします。


もう少し具体的にいうと人が怒る時というのは様々ですが、おおざっぱに言うと自分の思い通りじゃないことに怒ることがほとんどじゃないでしょうか。


しかしここで自己啓発をしていればそういう考え方があるのは知ってたしそう言う人がいるのも分かってるから別にどうということはない。って感じに構えることもできるはずです。




この3点が趣味としての自己啓発のメリットですかね。


僕は人間ですので欠点は尽きることはないでしょうから自己啓発は続けていきたいと思っています。


まあ気軽に楽しくがよろしいと思っています!



ちなみに1番改善できてよかったと思う短所はシャイなとこですね。人と話せば話すほど楽しいし役に立つことが聞けたりするから「なるほど、なるほど」となったりします。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

行けたら行くわと言うときの現代語訳と心境やいかに!?

よく聞くこの言葉。直訳すると「行きたいのは山々なんだけど、用事とかやることとかがあるから行けるか分からないけど行けることなら行こうと思ってる」といったところか。


しかし現代語訳は「行かない」であると考える。



正直私も使うことがたまにある。確かに十中八九「行かない」のである。


しかし、実際ただ行かないだけなら最初から「行かない」と言えばいいのになぜ言わないのだろうか。


そう私に自問自答してみたが答えはすぐには帰ってこない。ならば考察してみよう。



まず最初に「行けたらいく」の意味はほとんどの場合が先ほど言った通り「行かない」であり残り少ない可能性が「ほんとに行けたら行く」と言った感じではないだろうか。


「ほんとに行けたら行く」場合は行けるかわからないが行けるのなら行くのでこれでいいと思う。


逆に行けない場合があるのに「絶対いく!」なんて口走らない方が自分の身のためだと思った。約束を破るのは良くないしな。


では「行かない」と心の中で思っていつつもなぜ「行けたら行く」と言ってしまうのだろうか。



1つ目は「断るのが悪い」と思っているからだと考えた。


やはりせっかく誘ってくれている誘いを断るのは悪いと思ってしまう。


それが何回か続いているのであればその気持ちはドンドン積み重なっていく。


だからせめて行く気はあるという姿勢は見せようということではないだろうか。



2つ目は「行かない理由を聞かれたくない」。これもあると感じた。


今日は正直家に帰ってお菓子とジュースをむさぼりながらスマホをいじってダラダラ無駄な時間を過ごしたい。そんな日もあるものだ。


そうでなくても他の人との予定が入っているならともかく、1人での予定だとなかなか断りづらいものがある。


昔、1人でゲームがしたかったが夜やればいいかと思って断れなかった自分を思い出した。今となっては友人と遊んでいてよかったと思うが。



3つ目は「縛られたくない」ということじゃないかと考えた。


私は正直先のスケジュールを入れるのがどちらかと言えば好きではない。


その通りに動かないといけないし、他のことがしたくなってもさすがに変えるわけにはいかないからである。


どちらかと言えば不意に今日、もしくは明日や明後日遊ぼう!みたいな唐突の方が好きであるが、それだとスケジュールが合わないこともあるためやはりどうしても遊びたい場合はスケジュールを組むのだが笑




以上が私が行く気がないのに「行けたら行く」と言う主な理由だと考えた。


ちゃんと断った方が良いと思い最近はどんどん「行けたら行く」と言わずに断るようになったし、その前に友達は大切なのでなるべくは誘っていただけたら受けることにしている。


しかし、もっと内気だった時や今でも1人の時間は欲しいと思うことがある。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

長距離走試合後はクールダウンまでもれなくやるぜ!

アップの話はもうしたから次はダウンの話をしようかな。


結構流れは一緒のようだけどチッチッチッ。ちゃんと違うとこはありますよ。


時は試合後。疲れ切った体。正直すぐにでも寝たい。ただしまだまだやることはあるわけです。



終わってすぐにダッシュ!ヘトヘトダッシュ!2本くらいやります。


いい刺激を筋肉に入れた状態で終わります。


もうこの時の心境は「んあ゛っ!!もうむり!」って感じですけどね笑



さあ続いては本格的にダウン開始。


ゆーっくりジョグです。文字的にはゆーーーーーーっくりですかね笑


なんなら歩く時もあります。とにかく止まってしまったら疲労がそのままになっちゃうので筋肉を動かして発散させます。


血流がーとか乳酸がーとかそういう関係でしょう。


とにかくジョグだとしてもアップの2分の1くらいのスピードだったと思います。やっぱり歩いてるのと変わらないですね笑



それが終わるとまたダッシュを2本くらいしたりします。


刺激入れます!ビビビビビー。ゆっくり動く筋肉じゃなくて速く力強く動く筋肉で終わらせるためだと考えています。



そこからはもう走るのはおしまい。


アップでは動的ストレッチだったのが静的ストレッチ、つまり一般的なゆっくり筋肉を伸ばす柔軟をします。


まずは1番使った足ーー、それも太ももーーやふくらはぎーー、んで続いて腕ーーだとか腰ーーだとかググッと伸ばします。


激しく消耗した筋肉をゆっくりぃぃいいだだだ、痛い!となりますが我慢我慢。


翌日に疲労を残すくらいならこれくらいへっちゃらです。



それにしてもとにかくゆっくりがほとんどです。筋肉を休めるわけですから当たり前ですけどね。


静的ストレッチが終わったらあとはマッサージ


筋肉をモミモミ、さするさする、軽くトントン、などなどいろんな方法でマッサージしていきます。


立っているとどうしても下の方で血流がたまりがちになると思うのでふくらはぎを特に揉むことにしてます。


けど理由はそれだけじゃなくてふくらはぎ揉むと気持ちいいんですよ。笑


多分血流が良く流れていってる感覚だと思うんですけど。




こんな感じでダウンが完全完璧完了です!


まあ合間合間に本当は服を着替えたりだとか栄養補給をしたりだとか色々あったりするんですけど今回はダウンだけに焦点を当てて語らせてもらいました。


次の日以降に疲労を残さないためにも試合後だけじゃなく練習後もケアが大切だということですね!



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

背筋が自重に負ける前に筋トレをたくさんして鍛えなければ!

今も筋トレは続けているのですが部活をやっていた頃に比べるとやはり筋肉が衰えたかななんて思います。


腹筋は割れたら嬉しいし、腕筋もボッコボコ筋肉が出たら男らしくてかっこいいと思いますけど、


背筋や足筋はなかなか自慢するタイミングがないんじゃないでしょうか。背筋も足筋も鍛えたらかっこいいんですけどね。



そんなわけで背筋と足筋は腹筋と腕筋よりはどことなくおろそかになってる感があります。


それは日常生活でたまに感じるわけで、どんなことでそう感じるのか話していきます。



猫背


前までは胸を張って歩くくらいピシッと歩けてた気がするのに、今では猫背!ってほどじゃないけどやや曲がり気味の時がたまにあります。


座っててもだるーん、立ってもだるーん。


腹筋は相変わらず割りたいからバンバンやってるんですけど背筋の回数がそれに合ってないせいですね。


まあ前までがそりすぎてたからちょうどいいかも笑



重たい物をもつとき


重たい物をどっこいせ。あ、背筋つれえなー。


上手に持ち上げたらなるべく背筋への負担は軽減できますけどそれでも自分の体にプラスして重いものを背筋で持ち上げるわけですからなかなか筋肉使いますね。


逆にそういう方法で背筋鍛えたこともあったなあ。腰痛めないように超気を遣いましたけど。



洗い物や料理などの家事


首を下に向けてえっこらえっこらやってると、うっ!背筋が悲鳴をあげている!


やっぱり立ち仕事ってなかなか筋肉使うと思ってるんですよね。


まあ仕事じゃないから立ち家事?笑

普通に家事か。


家事を日常的にやってる方々はすごいですね。家事でムキムキになったりして笑



長時間歩く


長いこと歩いていると足はもちろん、振っている腕や体を支えている腹筋や背筋も疲れてきます。


僕は腹筋の方が多く鍛えがちなのであんまり長く歩くと背筋が特に疲れてきます。もう基本は体がそってるので歩けば歩くほど背筋が疲れて、時々思いっきり猫背にして背筋を伸ばしてます。


歩くのは健康的だし散歩は好きなのでたまにやりますけど長い時間歩くと体がぐらんぐらんしますね笑




こんな感じで背筋が衰えたことを日常的に感じる場面がたまにあります。


まあ、背筋だけじゃなくて全体的にスポーツをやっていたころよりは衰えた感じがするのでそれも日常的に感じる場面があるんですけどね。


それにしても、いやー背筋も腹筋同様に鍛えてあげないといけませんなー。


今までの分多めに背筋背筋!あと足筋も!



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

長距離走試合当日はウォーミングアップまでキッチリしっかりした


練習して、ご飯食べて、よく寝て、いざ試合!


試合当日も試合に備えて寝て起きて、いい感じに食事とって、さあ残すはアップですよアップ!


最後の最後でアップをミスしたら大変なことになりますよねー。大変なことになったことがある人でーす。笑



ちゃんといつも通りの実力が出せるようにアップは練習の時も試合の時もなるべく同じになるようにしてました。



まず準備体操


筋肉を伸ばしすぎたら力を発揮できないって聞いたのでアップのときの準備体操は軽く体操する程度。


あいっ!ほいっ!そいやっ!ってくらい簡単に終わらせます。


まあそれでもケガしないようにはしますけど。


まずはこれで動きやすいようにします。



次にジョギング


これはこの後のアップと前後する可能性がありますけどだいたいジョギングが先です。


略してジョグって言いますよね。


ゆーっくり走ります。しかし体をしっかり温めるためにながーく走ります。


だいたい3キロとか5キロとかそれくらいですかねそこそこ長めです。時間的には20分とか30分くらいですかね。


意外と起きないんですよね、僕の筋肉って。



それが終わると動的ストレッチです。


積極的に動きながらいろんな筋肉を伸ばしたり関節の可動域を広げていきます。


あんまり無理すると痛っ!ってなるので優しくやりますけどね。


スキップとかもするのであんまりストレッチって感じはしないんですけど。



一通りはとりあえず完了であとは試合前の刺激入れです。


試合直前に軽くダッシュしたり、ジャンプしたり、動いて欲しい筋肉を叩いたりします。


最後のこの仕上げは体をスムーズに動かせるようにというよりかは力をしっかり出すためです。


長距離の試合前は各々の筋肉を叩く音で何か曲を奏でてるように聞こえ・・ないか。笑


けどそれくらいパチパチ鳴ってます。




これでアップは終わりです。あとは試合でいい結果が出せるかどうかですね。


まああんまりアップも神経質になったらストレスがたまるので体がポカポカすればいっか!と思って楽しくアップしてます。


ちなみに冬は夏より1.5か2倍近く多くアップします。


そこまでやらないと芯からあったまらないんですよね。



あとはせっかくアップして温めた体を冷やすともったいないのでアップが終わっても疲れて走れないよおってならない程度に動いています。


これも冬の方が夏より頻繁に動いとかないとすぐに寒さで冷えるからあったかい格好をしてほぼ常に動いてるくらいです。



体育の時にもできるだけ似たようなアップをしたりしてました。


他のスポーツでも適応できると思っていましたので。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com

運動的に睡眠時間が短いのは良くないと思いしっかりおねんねした

学生なんて遊びたい盛り。毎日遊んで夜まで連絡取り合ったりSNSなんてのがあるんじゃないでしょうか。


あ、今の僕は結構こんな感じですね笑



だけど今もそうですが長距離をしてたときはきっちり睡眠時間を確保するようにしてました。


なぜならそこで睡眠時間を大切にしていない人より成長できると考えたからです。



多分長距離をしてたころに超遅くまで、もしくはオールしてやるぜ!みたいなことになったのは正月か修学旅行くらいじゃないですかね。


さすがに正月と修学旅行は遊びたかったです。笑



まあそれでもそれ以外は最低6時間、なるべく7時間から8時間、最高9時間以内で寝るようにしていました。


睡眠時間は個人差があると思いますけど色々調べて僕はこの時間くらい寝ることにしてました。


今は7時間から9時間と前より多めに寝るようにしてますけどね。



最低6時間ってのは朝早かったのでやっぱり理想の睡眠時間を確保しきれない時がそこそこありました。


それでもどうにかして6時間は寝るようにしてましたね。


どうしても足りなかったら休み時間に昼寝したり笑



理想の7から8時間寝れた朝はちゃんと寝れたという精神面においてもルンルンして朝からハッピー!でしたね。


やっぱり6時間睡眠と違って「ねっむ、朝か・・あ゛ぁ゛ぁ゛!」とはなりにくいです。


1日の体のコンディションにも確実に違いを感じていました。動きのキレが違うというかなんといいますか、睡眠は大切ということですね。



最高9時間以内というのは寝すぎも良くないということでまあ少し多めの9時間までにしてました。


休みの日、それも特に6時間睡眠が続いた後の休日はめちゃめちゃ寝たくなるんですよ。


もう瞳を閉じれば・・zzZZZ


しかし!いくら眠いからといって二桁も寝るわけにはいかない!と思ってパッと起きるわけですよ。


どうしても眠かったら昼寝を少しするとか、その日は早めに寝るようにするとかしてました。



先ほども出てきた昼寝は20分くらいがいいらしく休み時間は分けて寝たりしてましたが休みの日は20分くらいにしてました。


あんまり寝すぎても夜寝られないようになるのでそこは寝過ぎないようにアラームめちゃくちゃかけてました。




こんな感じが僕が陸上をしていたときの睡眠のとりかたです。


最近の方がガッツリ寝てしまうのはもう短い睡眠じゃ満足できなくなったのか、それとも歳なのか、まだ若いのに笑



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com