ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

スポーツで栄養は大切なので長距離走者の俺も6つ気をつけた

 

 

ふと気づいたんですよね。長距離を走るのはわし。精密にいうとわしの体。

 

わしの体を作るのは食べ物もしくは栄養。あと睡眠。などなど。

 

てことは、どれだけ練習しても栄養を全然とらないと力にならないわけなんですよ。

 

極端な話その練習時間と体力はパーなわけですよ。もったいないですよね。

 

けど逆にきっちり栄養や休養も取れば他の人を抜かせるかもしれません。

 

僕がこれを考えたのは高校生の時でした。人と同じことをやってても勝てないので栄養にまで気をつける高校生はそんなにいないだろうと思って気を使いだしました。

 

強豪校になればなるほどそこらへんはしっかりしてるなという印象でしたがそこを目指し抜かしていくからには栄養は落とせないところだったんです。

 

僕がしていたことはこちら。

 

 

 1.お菓子をやめる

 

まずはお菓子をやめることから始めました。美味しいし、ついつまみたくなりますが、栄養を摂取しにくいですし脂肪分がたくさんあります。

 

一時期は完全にやめれていました。もし食べてしまったらその分トレーニングをして対処していました。

 

 

2.練習後すぐに栄養摂取

 

練習後すぐにご飯やパンなどの炭水化物をとると体力がかなり回復するらしいので、30分以内に食べるようにしてました。

 

遅くても1時間〜2時間までには摂取するようにしてました。

 

 

3.寝る前は食べない

 

寝る前の二、三時間前までには食事を終わらせるようにしていました。

 

寝る前に食べると寝てる間に動かないので脂肪がたまってしまうということです。

 

 

4.タンパク質を意識してとる

 

たんぱく質は筋肉をつくるのに必要不可欠な栄養ですが、意外と意識してとらないとスポーツをやってる人的には足りなかったりするので積極的に牛乳や豆乳や肉に魚などを摂っていました。

 

そのときにスルメやナッツなども高タンパク質なんだって初めて知りました。

 

 

5.ビタミン群などの栄養を意識してとる

 

カルシウムは骨を強くして骨折を防ぎますし、鉄分は貧血を起こさないようにしますし。ビタミンはそれぞれ大切な役割があります。

 

ヨーグルトやナッツやカロリーメイトウィダーインゼリーなどを食べてました。

 

できれば普通にご飯のときにとりたいですがご飯を作るのは母親でしたのでそれ以外の部分で摂取していました。

 

しかし母親は栄養のいいご飯を作ってくれたのでそこは助かった点です。

 

 

6.細かく食べる

 

朝ごはんや昼ごはんはお弁当とおにぎりだったので学校の朝練終わりに少し食べて、毎休み時間に少しずつ食べるようにしていました。

 

少しずつなら内臓に優しく、内臓が疲れる長距離を走る人にとっては大切なことだと思いました。

 

それに少しずつならきっちり消化して吸収することができると思って細かく食べていました。

 

 

 

以上が僕が長距離を速く走るために気をつけていたことです。他にもあった気がしますが主にはこんな感じです。

 

それでは、また。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ぎん」と申します。

 

好きなこと楽しいことをしたいです。


ツイッターはこちら!
https://mobile.twitter.com/nejipyun


フェイスブックはこちら!
https://m.facebook.com/gin023/?ref=bookmarks