ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

音痴な俺が音痴を治す3つの「とにかく」な方法でマシになった話

 

 

最近の遊びといえばの1つ、カラオケ。

 

遊んでて特に目的がなかったりするととりあえずカラオケいくかーみたいになります。

 

バイトやサークルや部活やクラスの集まりでも行くことありますよね。

もしくは会社の二次会など。

 

そういう時に音痴だと歌うのすごく緊張するんですよ。

 

緊張してさらに音痴になるっていう悪循環笑

 

けどやっぱりできたら楽しそうなんで参加したいし、正直参加せざるをえないときもあるんで上手になりたい!って思ったんですよね。

 

 

音痴という状態があるだけで克服できると聞いたことがあります。

 

ほんとに音程が上いったり下いったり勝手に暴れてるみたいになってたんですよ笑

 

それでもカラオケだけに没頭してたわけじゃないけどマシになったので、決して難しいことじゃないと思います。

 

コマなしの自転車って最初は乗れないけど乗れたら乗れなかった時のことが思い出せない的な。そんな感じです。

 

 

今回は最初なのでやっぱりコツはこちら

 

「とにかく歌う」

 

です。

 

音痴だと歌うのが恥ずかしいんですよね。けど僕は家とかだと特に誰にも聞かれないし聞かれても家族なのでよく歌ってたのが上達した理由の1つだと思ってます。

 

実際にカラオケに行って歌いまくるのもいいですがお金が・・ってことになりますので近所迷惑にならないようにと注意しながら歌っていました。

 

普通に暮らしてたら歌う機会ってないんですよ。練習もせずに上手くなるなんて無理な話ですよね笑

 

最初から上手な人ならいいですけどそんな人ばかりじゃなく、僕もそんな人じゃなく下手な人でした。

 

 

あとは音楽をやってる人で音痴ってなかなか見かけないんですよね。

 

その理由は曲をたくさん聴いていて音程がわかってるからだと思ってます。

なので

 

 

「とにかく聴く」

 

ことが大切だと思います。僕はもともとあんまり音楽には興味なかったんですよ。

 

だから昔はMステも全然見てませんでしたし、流行りの曲も全然知りませんでした。

 

けどたくさん曲を聴くようになると歌ってる途中で、「あ、音程外した。」「ここはこういう音程やな」

 

って感じでわかるようになってきました。

 

 

最後はこちら

 

「とにかく観察」

 

上手になるには上手な人から学んだらいいわけですよ。

 

歌手とかになると上手すぎますし画面越しでわからないこととかもあるので、周りの上手な人に教えてもらったり歌ってるのを分析するといいと思います。

 

そしたら上手な人の共通点や自分と違うところがわかってきて、それがうまさの秘訣だったりするわけです。

 

 

 

この3つが僕の歌をマシにしたと言っても過言じゃありません!

 

人前で堂々と歌えるようになると、歌うのが楽しくなって、たくさん歌って、歌が上手になるという、今度は良い循環が生まれました。

 

 

それでは、また。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ぎん」と申します。

 

好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。

 

ツイッターはこちら!

http://twitter.com/nejipyun