ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

取れなくて悔しかったUFOキャッチャーの取り方を試行錯誤した

 

 

子供のころ少しやったことあるけどほとんど取れた記憶はなかったUFOキャッチャー。

 

1回100円は子供には高く、高校生くらいになるまで中々しようと思いませんでした。

 

 

しかしある日、たまたまやることになったのですが取ろうとしても取れない!

 

もっと簡単なものじゃないのか?と思いながら大きいのだけじゃなく小さいのも全然取れませんでした。

 

 

その日は諦めましたがやっぱりゲットしてみたい!サッと取れたらかっこいい!

 

そんな思いでネットサーフィンして参考にしたり店員さんに聞いてみたりたくさんとったり上手にやってる人がやってるのを見たりしました。

 

 

実践あるのみが1番なんですがそれだと金額がばかにならないので、できる限り前知識や頭の中でのデモンストレーションを完璧にして挑みました。

 

UFOキャッチャーは昔より明らかにいろんな機種が増えたので簡単なやつからゲットし始めて経験をつんでいきました。

 

 

するとある日、これまたたまたまではありますが3つのアームが付いているUFOキャッチャーをしたときに大きいぬいぐるみのすき間部分にアームが入り込んだのです!

 

持ち上げても動いてもビクともせずに、なんならちゃんと落ちてくるのかと心配になるくらいしっかりつかんで帰ってきました。

 

 

結果はもちろん無事ゲット!

 

小さいのでも落ちてゲットする瞬間は嬉しかったですが、大きいとなおさら嬉しかったです。

 

あんまりびっくりしたんで大げさじゃなくちょっと動けなかったくらいでした。

 

 

それからというものの小さいのも大きいのも取れない時もありますが結構ゲットできるようになりまきた。

 

ゲットする経験も大切ということですね。

 

 

重要だと思った点をまとめると

 

1.成功から学ぶ

 

ネットの情報は必ずしも正しいかは分かりませんし、その人によって合うやり方と合わないやり方があると思いますがみんなが言うコツは役立つ可能性が高いです。つまり共通点を探すわけですね。

 

そして、ゲームセンターの店員さんは上手な取り方を知っていますので聞いてみると丁寧に教えてくれます。

 

あとは実際に取ってる人を目の前で見ているとどこをどう狙ってるかヒントがもらえます。

 

2.実践あるのみ

 

やってみないとどこでボタンを離すのかやどこを狙えばいいかなんてのは知っていたり見ているのとは違いますから実際にプレイしてみて初めて体がわかってきます。

 

 

3.成功を重ねる

 

これも2番目と似た理由でどうすれば取れるかわかってくれば他の機械やサイズの違う景品でも応用できたりします。

 

それに自分は取ることができると言う自信がつくと迷いなく操作できてゲットに繋がると思います。

 

 

 

一度ゲットしてからあの景品が落ちてくる感覚がクセで外に出て近くにUFOキャッチャーがあるとつい寄ってしまいます。

 

 

それでは、また。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ぎん」と申します。

 

好きなこと楽しいことをしたいです。


ツイッターはこちら!
https://mobile.twitter.com/nejipyun


フェイスブックはこちら!
https://m.facebook.com/gin023/?ref=bookmarks