ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

人前に出ると冬でも緊張で汗が出てた僕の人前で緊張しない方法

 

 

人生生きてれば人前に立って何かすることはたくさんあると思います。

 

学校で何か調べてきたことを発表するときや、会社などでのプレゼンテーション、楽しく集まった時に一発芸や特技を披露するときなど。

 

 

そんなとき僕は今まではかなり緊張していました。

 

緊張すると実力より全然力が発揮できずもどかしい気持ちになることもしばしば。

 

しかし、だんだんと緊張しないようになったのは緊張しないコツをつかんできたからです。

 

 

 

1.がんばらない

 

これが1番心がけていることです。

 

そもそも緊張というのは全力を出していい結果を残すためにがんばるのと失敗しないかという不安から生まれるものだと思っています。

 

 

なので僕は緊張しないために本番と思わずに練習と思って、ちゃんとやりますが全力を出していい結果を残そう!なんて思わないようにしているのです。

 

そして失敗してもいいやと諦めることでさらに緊張を消すことができます。

 

 

練習の方が調子がいいなんて経験ありませんか?そういう感じだと思ってます。

 

あくまでちゃんときっちりやりますがそれくらいの心の余裕をもっていた方が僕は良いという話です。

 

 

まあ、緊張を力に変えるいわゆる本番に強い人もいますけどね。

 

僕も経験はありますがたまに出せるくらいで常に本番に強い人はうらやましいです。

 

 

2.準備

 

先ほどいい結果を残すために頑張るのと失敗したくないという不安が緊張の原因だと言いました。

 

 

準備ができてないと緊張は加速すると思ってます。

 

準備を怠るといい結果を残せないだけじゃなくて失敗する確率も高くなります。

 

 

僕は経験したことあるんですが、思った通りにプレゼンテーションが進まなくなると途端に冷や汗がとまらなくなり手や声が震えてきて心臓がバクバクするのです。

 

そのときはいつもより準備を怠っていたので「やっちまった!」と思いました。

 

 

逆にすごく準備しているときは自信満々に堂々とできるので緊張しにくいです。

 

 

3.慣れる

 

人間って慣れる生き物だと思うんですよね。

 

慣れればできなかったこともできるようになったりするのは人間の強みだと思っています。

 

逆に慣れてしまって失敗することもありますが笑

 

 

今回の場合でいうと人前にとにかく立って話したりし続ければいつか慣れてなんでもなくなると思うんですよ。

 

プレゼンテーションならやればやるほどプレゼン自体が上手になることもありますし。

 

 

僕の場合は人前で話すことが多くなってだんだん慣れていきました。

 

 

 

さて、僕の緊張しないようにする方法は以上こんな感じです。

 

とにかく気持ちに余裕をもつことが緊張しないことにつながると思ってます。

 

 

それでは、また。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ぎん」と申します。

 

好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。

 

ツイッターこちら!

http://twitter.com/nejipyun