ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

英語スキル向上だけがスピーキングのコツじゃないんだ!



スピーキング初心者目線で話したいと思います。

リスニングはリスニングで聞こえなかったら焦りますけどスピーキングも聞き返されたら焦るんですよね。

そんなとき「あぁ、もっと英語が上手く話せたらなー」なんてことを思います。

まず伝わらないとコミュニケーションにならないですし。


けど、だんだんと英語のスキルだけじゃないことに気づいていきました。

そうです。他にもやることはあるんだよ!ってことです。

ではいきましょう。


1.熱意

絶対に伝えるんだ!ってくらいの熱意で堂々と話すことがまず大事だと思いました。

日本人がそうなのか僕がそうなのかわからないですけどさっきも言った通り英語を話して伝わらずに聞き返されたら焦るんですよね。

んで聞き返されたり聞き返されるのを恐れると萎縮して小声になったりモゴモゴしてしまいがちです。


だけどほんとはそれでも伝えたいことがあるんだ!くらいの勢いで堂々と熱意をもって話した方が相手は聞き取りやすいってことに気づきました。

あと熱く語ってると熱意を読み取ってくれるのか、いつもより何言ってるか理解されやすい気がします。


2.何度も

これもさっきのと似てるような気がします。

普通に僕の言い方が悪く伝わりにくかったことがあるんですね。



まあ、まだまだ勉強の身なんで「やっちまった!どうしよう、わけわからない言い方したのかな」なんて萎縮せずに「なるほど!勉強不足だな!どうすれば伝わるだろう?」と諦めないことが大切だと思います。

意外と違う言い方をしたり細かく説明したらわかってくれる場合がほとんどで、思ったより簡単に伝わるじゃん!で終わりです笑


あ、あと普通に言い方じゃなくて単語の意味が通じなかったとかもありました。

勘がいい人ならこう言いたいの?って感じで直してくれて助かりますけど。


3.ジェスチャー

日本に比べて欧米の人々の方がジェスチャーが激しいと思いませんか?

よりわかりやすく伝えようとしてるんだと思います。

ボディランゲージというくらいなんで本当にまさに言葉ですよね。


そんな方々と話してると自然と自分もブンブン腕とか振り回してジェスチャーを使ってることに気づきました。

意味のあるジェスチャーならもちろんのこと、なんとも言えないジェスチャーをしても1番目に言った熱意と似てるんでしょうか、普通に話すより伝わりやすいと思いました。



そんなわけで英語スキル向上はもちろん大事なことですが、最初はそのことばっかりにとらわれていてそれを活かしきれないともったいないことになっていました。笑


それでは、また。


ーーーーーーーーーーーーーーー

「ぎん」と申します。

 

変わり者です。

 

好きなこと楽しいことをしたいです。


ツイッターはこちら!
https://mobile.twitter.com/nejipyun


フェイスブックはこちら!
https://m.facebook.com/gin023/?ref=bookmarks