ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

長距離走で試合だからこそフォームや呼吸法よりも大切にしたこと

 

 

僕はもともとフォームは一人一人の体が違うのでその人にあったフォームで走るべきであり、

 

普通に走って練習し続けていたら勝手に体が上手に走ろうとその人にとってフォームが良くなってきて特に直す必要はないと思っています。

 

 

呼吸法も練習で意識して試合で自然にできるようになったらいいと思う程度で試合では普通に呼吸しています。

 

 

つまり2つとも自然体でいいというのが僕の意見です。

 

 

では、この2つより試合で大切なことはなにか?さっそく話していきましょう。

 

 

試合にいくと自分より速い人が試合になればわんさかいます。

 

その中からペースメーカーを見つけることを大切にしています。

 

その上でさらに大切なポイントが3つあります。

 

 

1.少し無理すればついていける人

 

走ってて「あ、がんばってついていかないと。」ってくらいのスピードの人についていきます。

 

人間って楽をする生き物だと思います。楽するのは全然いいと思うんですよ?余計な力は使うべきじゃありませんから。

 

ただ、タイムを出したりいい順位になりたいってのなら別ですよね。

 

楽しないように誰か引っ張ってくれる人がいた方がいいです。だから少し無理するくらいのペースで走ってる人についていきます。

 

ついていくのって1人で走るより全然簡単なんですよ。そのおかげで自分の実力が存分に発揮できていいタイムが出るって仕組みです。

 

 

あ、あとは別に1人にしぼる必要はなくて集団でもいいと言うことも大切ですね。

 

 

ついていくにはちゃんと位置も大切で、僕はここらへんにいました。

 

 

2.斜め後ろか後ろ

 

よく聞くのは相手の腰のところって言いますけど僕はあんまりぴったりくっついたら

走りにくいんですよ。

 

理由は僕は走りが豪快なんで他の人と歩幅が合わないし長距離走るにしたら体がゴツくてあんまりひっつくと人と当たりそうになるんですよね。

 

けどこのゴツい体も役立つんですよ!たまに場所取りのためにガンガン来る人がいるんですけど勝手に僕の体に弾かれてどっかいくっていう。

 

体幹鍛えてたのもありますね。体幹の話はまた違う機会に。

 

 

さて少し話は飛びましたがそんなわけで少しだけ距離を取りつつ斜め後ろか後ろにいるようにしてます。

 

理由としては横に並ぶと自分がペースメーカーにされる可能性がありますし前にいてくれないとあんまり引っ張ってもらってる感がないですし風除けの意味もあるのに意味がなくなります。

 

 

3.余裕をもつ

 

ついていってた人が思ったより速すぎたり遅すぎたら少し焦るときがあります。

 

けど焦れば焦るほど体力が無駄になくなって行くし迷えばせっかく維持していたスピードも無駄になります。

 

だから僕は明らかに速すぎるなあと思った時は諦めて1人遅い人をまたペースメーカーにします。逆も然りです。

 

とにかくついてはいくけど理想のペースじゃなくなっても焦らず無理に合わせないということを心がけてます。

 

 

ペースの上がり下がりにムラがある人もいて、そういう人は最初からついていかないか参考程度にする方がいいです。僕のことなんですけどね笑

 

 

それでは、また。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

「ぎん」と申します。

 

変わり者です。

 

好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。

 

ツイッターこちら!
http://twitter.com/nejipyun