ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

カラオケ合いの手作法。みんな気持ちよく楽しくが良き。

僕はカラオケ行くとついつい合いの手を入れちゃうんですけど、結構笑ってくれるので嬉しくてまたやっちゃうんですよね。


どうやって合いの手をいれてるかは別の機会に回すとして、合いの手以前に僕は大切にしてることがあって話したいと思います。それは何かというと



1.空気を読む


そうです、僕はKYじゃありません、たぶん。


例えば歌が上手くなりたいからみんなで練習しに行こうって目的なのに合いの手はなかなか入れようと思いません。


うっぜえとは思われたくないです笑


あとはしょっぱなはあえて抑えようかなとか最後だから静かに聞こうかなとか結構考えます。



2.人を選ぶ


人を選ぶってのは別に嫌な意味じゃなくて人によることもあると思うんですよね。


ガチで歌うから合いの手はいらないって人や楽しみたいから全然ウェルカムな人とか。



僕は今もウェルカムですけど昔もっと下手だった時はじっと聞かれると下手なのになあと思ってムズムズしてくるので騒いで欲しかった派です。


とか言いつつ歌いやすいように騒ぐような曲じゃないバラードとかを選んじゃうんですけどね。笑



3.曲を見極める


バラードは歌詞やメロディをゆっくりと噛みしめるような歌だと思っていて、さっきも言った通り騒ぐような合いの手は入れるべきじゃないんですよね。




逆にクラブで流れるようなウェーイ!な曲だとどんどん合いの手入れるべきだろ!なんてノリになるのでいれやすいです。


まあここで要注意なのがたまにそういう曲でも本気で点を取りに行く人がいるんですよね。


そういう時は見極めて声を小さくしたり手拍子だけにしたり、もしくはノってる感じで踊ったり、もういっそ無しにしたり。


あとは、最初から合いの手が歌詞に含まれてる曲は合いの手やりやすいですよね。


しかしここでも注意する点があって、合いの手が点数に入る曲や採点メニューなどがあるんですよね。


そういう時も控えめか無しにします。


4.気遣い


まあ騒いで!って感じならこの項目はほとんど意味ないんですけど、


やっぱり歌ってる人よりあんまり目立ったり、歌ってる人のリズムを崩さないようになどは気をつけますね。


あとはマイクに声が入らないように歌ってる人と違う方向を向いたり、手でメガホンを作って方向的に届かなくしたり。




こんな感じで、あくまで合いの手ってのはみんなが気持ちよく楽しむためのものなので独りよがりにならないようにしています!



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターこちら!
twitter.com