ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

俺のカラオケ合いの手5選。コツは恥ずかしがらないだけ。


合いの手はみんなが楽しめるように空気を読んだりすることが大切だと前に書きました。


うざっ!とか言われたくないので笑


今回は実践編です。僕は実際にこんな合いの手をしているという話です。さっそくいってみましょう。



1.手拍子など


1番簡単ですね。別に音楽に限らず盛り上げためにすることがあるくらいですし。


音楽で言えば歌手のライブなどに行けば自然としてるんじゃないでしょうか。


アップテンポの曲なら早く、バラードなどからゆっくりと手拍子をパンパン、パンパン。


手拍子などって書いたのは膝などを叩いたりすることもあるからです。



2.合いの手通りに歌う


これまた簡単です。何せ歌詞通りに歌えばいいだけですから。


これこそ1番の合いの手って感じがしますね。まさにシンクロ!


ただまあその歌を知ってないとあれ?タイミング違うやん!ってなってしまうのに注意してます。


そういうときはそれをごまかすくらいの勢いで歌いますけど笑



3.最後の歌詞リピート


例えば「〜だよね」って歌詞だったら続いて「だよね!」って言います笑


なんかそういう合いの手あるじゃないですか?おんなじ歌詞繰り返すみたいな。


そこから思いつきました。意味はありません!


これも簡単ですね。多分全部簡単です。



4.うぇーい


イェーイ!とかうぇーい!とか言うだけのやつですね。


いかにも盛り上がってそうに見えます。


同じのばっかだとアレだなーとか気を遣ってYo!とかチェケラ!みたいなことまで言い出します。


今度チェケラッチョ!って言ってみようかな。あ、意味は気にしてないです。


やっぱりこれも簡単です。最後も簡単なはず。



5.踊る


よくわからないけど踊る。とにかく踊る


行ったことはないですけどまるでクラブやディスコのように踊る。


正直まさにクラブやディスコのみたいに好きに踊ってます。それが良いですね。いや、もう一度言うと行ったことないんですけどね笑


たまに踊りがある歌もあるのでその時は画面を見て真似してみるのもいいですね。結構覚えてたらおおっ!ってなったり笑


最後はちょっとだけ難易度が上がりましたね。




別にオタ芸とかをするわけじゃないので今言った5つの合いの手は簡単です。じゃないと僕ができないです笑


唯一言うなら恥ずかしがると盛り上がるものも盛り上がらなくなる気がします。


僕は空気を読むのはもちろん、曲や気分に合わせて合いの手を変えてます。だからそれくらい気軽だということですね。



あとはこれこそ空気を読んで使うか決めないといけませんが、タンバリンのような小さな楽器を借りれるところもあったはずですのでそれを使うのも1つの合いの手です。


まあ騒ぐぞ!ってときくらいでしょうけど。


やっぱりみんな気持ちよく楽しくが1番ですね。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


好きなこと楽しいことをしたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com


フェイスブックはこちら!
https://m.facebook.com/gin023/?ref=bookmarks