ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

長距離の筋トレメニューで鉄棒が効果的で楽しくて好きだった

小学校とか中学校とか高校とかに鉄棒ってありますけど小学生くらいまでは遊び道具だと思ってました。


間違ってはないんですけど部活をやり始めたころから僕にとっての鉄棒は練習器具となりました。


やっぱり重量に逆らってる感じが筋肉にいい感じに刺激を与えれるんですかね、トレーニングとして楽しくて好きでしたし力がよくついたと思います。



僕がやった鉄棒筋トレは腹筋腕筋を鍛えました。



1.開脚


鉄棒にぶら下がったまま足をパッと両側に開きます。


左足は左側に右足は右側にあげるだけですね。


これで横の腹筋、つまり腹斜筋を鍛えてます。


やっぱり長距離を走るには体をひねるので腹斜筋も使ってると思うんですよね。



垂直上げ


これまた鉄棒にぶら下がったまま両足をそろえて体と90度になるまでまっすぐ地面と水平に上げます。


この時意識しているのが上げるときも下げるときも勢いをつけないことです。けんすいでもなるべく勢いをつけないようにしてますが、


こっちのトレーニングはもうできる限りスッ、ピタッ!スッ、ピタッ!って感じで勢いゼロで筋力だけで動かしてますみたいにやります。



けんすい


手の甲が見えるように握ったり爪が見えるように握ったり。


腕が完全に伸びるまで伸ばしたりひじが90度になるくらいまで伸ばしたり。


体を上げるときはアゴがだいたい鉄棒より上にくるようにして、下がるときは頭のてっぺんを鉄棒より下げるようにします。


回数は1度に5〜15回くらいです。それを何セットかやります。


なんか鉄棒のけんすいってやればやるほどレベルアップしてる感が強い気がしてついつい多めにやっちゃいます。いいことなんですけどね。


腕立てと違って力こぶの方に負荷がかかってる感じがするのもあるのでいつも腕立てで鍛えられない分多めにやっています。



逆上がり


まず逆上がりのコツは体をなるべくぴったり鉄棒にくっつけて足を上に振り上げる感じでやってます。


体をなるべくぴったり鉄棒にくっつけるためにはそれを支える腕の筋肉がいりますし、


足を振り上げるということは腹筋を使ってます。


つまり1度に腕の筋肉と腹筋を鍛えられるということですね!




鉄棒はやるだけで鉄棒を握っておくための握力がつくはずです。


けんすいや逆上がりでも腕を鍛える効果の話をしてましたが長距離には腕を振る筋力もしっかり必要だと感じているのでちゃんと鍛えていました。


冬場とかだと寒さで手が動かなくなるんですよねー。その中でどれだけ腕が振れるかはなかなか重要ではないでしょうか。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


好きなこと楽しいことをしたいです。


ツイッターはこちら!
twitter.com


フェイスブックはこちら!
https://m.facebook.com/gin023/?ref=bookmarks