ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

会話を続けるコツは簡単だった。僕は聞き出すことにした。

まだまだ人見知りだったとき、話しかけられない怖さの原因はいろいろありました。


1.なんて返されるのかわからない


2.嫌われたらどうしよう


そして、3.何を話していいかわからない&話が続かなかったらどうしよう



1と2は気の持ちようでどうにかなったんですけど3は確かにどうにかうまくしないといけなかったですね。昔の僕だと「あ、あの、えと、うーん、何話せば・・」って感じです笑


しかしそんなに難しいことじゃないんだと気づきました。



方法はシンプルに1つだけ。「話を聞く」


正確には聞き出すの方があってるのかな?



自分のこと話したい人って多い感じがするんですよ。てことは相手に話してもらえば会話は続くわけです。別に話したそうな人じゃなくても聞き出すとちゃんと話してくれるでしょう。


聞くことはなんでもよくて、まあ失礼にならないようにと親しくないのにプライベートなことを聞かないようにはしてますが。


あえて言うなら自分と相手の共通しそうな話題とか一般的な話題とかとにかく相手と自分が関連してる話題にします。



あとは自分は知らないけど相手が得意だったり好きそうな話題とか。やっぱり好きな話題だとどんどん話せますよね。そういうことです。


別にその際に自分が知らなくても教えてもらえばいいわけで、なんの問題もありません。



ただ相手に1人で話させるのはコミュニケーションとは言いがたいし、相手が話し続けるのにも限度があります。


というわけでさらに僕が行なっているコツが2つ。


ちゃんとリアクションするのとたまに自分の話もすることです。



リアクションすることでテンポが良くなったり会話が円滑に進んだりします。大きめにはしますが、あんまり大げさにはならないようにしています。


自分の話もすることでちゃんとお互いに会話のキャッチボールができていてさらにそのキャッチボールが加速していきます。これも自分のことをただ話すのもいいですけどうまい具合に次の会話につながるようにしています。



自分の話だと相手が面白く思わないんじゃないかとか、次は何話せばいいんだろうネタが尽きてきたな、なんてことを思っちゃいそうです。


けど相手から話を聞き出すことで相手が話しているので自分が面白くないという心配はほぼ無くなり、相手と自分の話なので自分の話だけより単純に2倍の話ができるわけです。


さらにお互いに話をすることでそこから新たな話題や話が出てきたりするので3倍にも4倍にもなるわけです。




この方法のおかげで会話に詰まることがかなり減りました。ごちゃごちゃ言いましたが相手に気持ちよく話をしていただいて会話を成立させるといいわけです。


まあお互いが楽しく会話ができるのが1番ということですね。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターこちら!
twitter.com