ぎんは趣味探し中

趣味がない気がする!と思ったのでブログを通じてどんどん趣味探しするブログです。基本的に個人的な考えでおもしろそうなことや楽しそうなことを発信したいと思っておりまする。

趣味探し道中、英語編。読めるぞお!話せるぞお!歌えるぞお!

昨今は機械による翻訳や通訳の技術が著しく進歩してきているようにみえます。


とても嬉しいことですけど、「わざわざ英語勉強した俺って・・」なんて言いたくなってしまいますね笑


まあ英語を通じていろいろ学べましたし、英語以外も勉強しましたので悔いはないです。



どんどん進歩する翻訳や通訳の技術はやがてほぼ完璧に言葉の壁をなくすのでしょうか?


それとも微妙な言い違いなどは訳せないままで、映画や小説などの作品はきちんと訳さないと面白みが伝わらないという今のまま変わらないのでしょうか。


どうなるかはともかくまだ今は英語ができるようになっても無駄ではないと感じています。



そんな英語の僕的に趣味としてのいいところは



1.英文がスラスラ読める


例えば街中を歩いていると英語で書かれたお店の看板を見かけたとします。


そこからどんな店なのかわかるかもしれませんし、意味がわかれば「なるほど、だからこういう名前なのか」なんて納得して1人でムフフとなったりできます笑


他にも最近はますますインターネットが盛り上がってきていて英語のサイトやニュースをスラスラ読むことができるのも1つの利点です。



2.外国人と会話できる


外国の友達や先生として話すとき、見知らぬ人だけど話しかけられたとき。


スムーズに英語を使ってコミュニケーションが取れると嬉しいですし楽しいです。


異国の話を聞くのもワクワクします。自分が知らないことが知れてハッピーですね。


外国に行ったときも活躍しそうです。一緒に行った人に頼りにされたりして。



3.洋楽が歌いやすくなる


別に英語を理解してなくてもなんとなく聞いた感じで洋楽は歌えるんですけど、やっぱり理解していた方が歌いやすいです。


あと、より綺麗に歌えますし!


さらに洋楽は口ずさむとスピーキングの練習になりますし、その歌ってるのを聞いているのでリスニングの練習にもなるはずです。


誰かと会話するのと違って1人でも楽しめて勉強になるのもメリットですね。


僕は順序的には逆のようなもので洋楽が好きだから英語が好きになったわけじゃなくて英語を勉強したから洋楽を好きになりました。




やっぱり英語は知識を集めるインプットじゃなくて英語を実際に使うアウトプットの方が楽しいです。


まあそのためにはまずインプットしないといけないんですけどね笑


だんだん英語を理解し、使えるようになってくるのも語学の楽しみ方なんじゃないかなと思います。



ちなみに洋画を字幕なしで観れるようになるといういいところもありますけど、残念なことに僕はリスニングが苦手でまだ字幕なしは無理です笑


吹き替えの声優さんの声もいいですけど出演してる人のまんまの声もいいですよね。



それでは、また。



ーーーーーーーーーーーーーーー


「ぎん」と申します。


変わり者です。


好きなこと楽しいことをして生きていきたいです。


ツイッターこちら!
twitter.com